現在のページ : TOP PAGE

貴社のアウトソーシングは?

従来は社内で行なったり、新規に必要となったりした業務プロセスを、外部にアウトソーシングする企業も存在します。

アウトソーシングを行なうことにより、社員教育や財務管理に掛かる時間やコスト、エネルギーを節約することも可能になります。
アウトソーシングは、さまざまな組織におけるビジネス・プロセスや情報産業、製造業などの分野で、広く活用されています。

ただし、アウトソーシングをすることによって、思わぬ問題が発生したり、予期せぬトラブルに巻き込まれたりする可能性もありますので、その点は気をつけましょう。

例えば、製造現場に於いては、「人貸し」と呼ばれる、業務請負業者による違法な労働者供給が行なわれる傾向があります。
そういった状況から、労使関係のトラブルが頻発しているため、行政機関が監視を強めつつあるのが現状です。
そして、アウトソーシングは国内だけではなく、オフショアリングとして、企業があるビジネス機能を選択し、国外に移転する意味合いで行なわれることもあります。
そういった状況の中で、米国では、先ほど述べた偽装請負よりも、失業問題の方が一層深刻です。
そうした問題は、かつて、アメリカ合衆国における大統領選挙の争点の一つにもなりました。

このカテゴリーでは、アウトソーシングという言葉の意味や、外部委託を実践することにより得られるメリット、伴うデメリットなどをご説明しますので、興味や関心のある人はお付き合いください。


※注目サイト
データ入力業務をアウトソーシング出来る業者のサイトです ⇒ データ入力